せいろ蒸しレシピ ホットクックレシピ 今週のおすすめ 蒸し物

トマトの肉詰め・ホットクック・せいろ蒸しレシピ

ご覧下さりありがとうございます。

この1品、私は「蒸し」が一番簡単だと思っています。

ホットクック「手動・煮物(混ぜない)」でもやってみましたが、トマトの崩れ具合が大きかったです(やり方がダメだったのかもしれないですけど)

一回ミンチに火を通して、トマトに詰めてオーブンというやり方もありますが、洗い物が多く出るので、蒸して一気に火入れするのが好きです。

ポリ袋で揉むので、ベトベトのボウルを洗う手間無し、トマトに肉汁が閉じ込められてジューシーさにも程があるくらい、すごくジューシーな仕上がりになります!

時間

  • 作業時間:10分
  • 蒸し時間:20分(沸騰するまでの時間含まず)

材料(作りやすい分量)

  • ミンチ肉:150g(牛・牛豚・豚など何でも)
  • トマト:4個(少し固めがおすすめ)
  • 玉ねぎ:1/2個
  • コーン缶:大さじ2くらい
  • オイスターソース:大さじ1
  • 砂糖:小さじ1

トマトの肉詰め・ホットクック・せいろ蒸しの作り方

トマトのファルシー材料
全ての材料はこちら

1.玉ねぎをみじん切りにする

2.ヘタの下でトマトを切り、中身をスプーンなどでくり抜く(中身はスープやミートソースなどに使えます)

トマトをくり抜いたところ

3.ポリ袋に、ミンチ肉・みじん切り玉ねぎ・コーン・調味料全てを投入し、揉む。

肉だねをポリ袋でこねている様子

4.ポリ袋の下部一方をハサミで切り取り、絞り出し袋の様にする。

肉ダネのポリ袋に切り目を入れたところ

5.トマトに絞り出して肉ダネを入れ、蒸し器にセットする

※ヘタが映っていませんが、ヘタも一緒に蒸します!

トマトのファルシーをせいろに入れたところ

6.蒸し器で蒸す。

蒸し時間は20分くらいです

メモ

ホットクックに肉ダネを入れたところ
せいろに肉ダネを入れたところ
  • 肉ダネが余ったら、耐熱皿などに入れ、2回転目で蒸しハンバーグとして仕上げても良いです。こちらはハンバーグソースを乗せて蒸しました。
  • 火の入り方を統一する為、トマトの大きさは同じくらいで揃えた方がいいです。
  • トマトの大きさによって、火の入り方が異なるので、赤みがあれば、蒸し時間を1〜2分延長するのを繰り返して下さい。
  • トマトも蒸すことによって甘味が増しているので、少し固めのトマトでも生食より食べやすくなると思います。
  • 肉ダネは、手でキャッチボールのようにして空気を抜いた方が肉汁が溢れ出さなくていいのですが、さっと作りたいので省略しました。できる方は、空気抜いて詰めるやり方でも、もちろんOKです。
  • ちなみに、ホットクック(手動・煮物「混ぜない」)で試した時の画像はこちら
ホットクックでトマトのファルシー失敗作
それっぽく撮影したけど、崩れがすごい・・・

ホットクック内鍋に直置きしたので底面のみの熱で火の通りが悪く、しっかり火を通りたらトマトが残念な事になりました。美味しかったのですがね。蒸すのがおすすめです。

使用したお料理グッズ

最後までお読み頂きありがとうございました。

-せいろ蒸しレシピ, ホットクックレシピ, 今週のおすすめ, 蒸し物
-,