ホットクックレシピ 煮物

煮崩れない・簡単・甘い・しっとり!さつまいものレモン煮・ホットクックレシピ

ホットクックでさつまいものレモン煮

ご覧下さりありがとうございます。

この1品、何度も試行錯誤しました!

レシピ考案のきっかけ

さつまいもは「焼き芋」が好きなのですが、これはオーブンでじっくり90分もかかってしまうので、仕事終わりの帰宅後に調理するのは難しく。

蒸すのも甘いのですが、これも蒸したてがおいしい。

できれば数日「作り置き」としても活躍してくれる1品にしたい。

その結果、このレモン煮の調理方法に辿り着きました(こう書くとなんか壮大なテーマに聞こえる・・・)

かといって朝に作ったところで冷めて美味しくないしと言うのがあり、何とか「シンプルな味の甘いさつまいも」を帰宅後に作れないかと考えたのがこちらです。

同じ品種のさつまいもを使用しても、調理方法によってパサついたり(レンジ調理は特に)、甘みが薄く感じられたりするのは何故だろうかと色々調べた結果、「50〜60度以下の加熱が長い程甘味が増す」という事実にたどり着きました。

さつまいもに多く含まれる酵素アミラーゼ(澱粉を分解して麦麦芽糖にする酵素)の酵素作用がすすむ温度だそうです。

ではこれを満たす条件にすればいいのでは?ということで、「予熱で火を入れる」方法を思いつきました。

この結果、「1時間以内で出来る」「冷めてもよい」「甘くしっとりの仕上がり」の3つは達成され、作り置きの1品としても大活躍しています。

レモンは輪切りにして冷凍しておくと、思い立った時にすぐ作れます。

では、作り方です

ホットクックでさつまいものレモン煮のレシピ

だいたいの工程

  1. さつまいもを切る・水にさらす
  2. ホットクックに材料をセットする
  3. スイッチオン(出来上がりから15分放置)

材料

  • ★さつまいも:2本
  • ★レモン輪切り:3〜4枚
  • ★水:500ml
  • ★砂糖:大さじ4(甘さ控えめです)

作り方

1.さつまいもを1㎝程の輪切りにし、すぐにたっぷりの水にさらす。(約5分)

さつまいもを水にさらしたところ

2.ホットクックに★の材料をセットする。

さつまいもをホットクックにセットしたところ

3.「手動で作る」→「煮物(まぜない)」→「2分」。

4.2分で出来上がったらそのまま放置!

5.放置15分くらいでOKです。(1時間くらい放置しても崩れる事なく大丈夫でした。仕掛けてさっと買い物に行く時もあります。)

6.出来上がり

↓出来上がりはこんな感じです。本体から内鍋を外して粗熱が取れるまで冷まします。

さつまいものレモン煮出来上がり

メモ

  • 我が家では、レモンはよく洗ってから輪切りをし、ラップで包んで冷凍したものを凍ったまま投入しています。(レモンが無い場合は「レモン果汁」で作る場合もあります。レモン果汁の量は大さじ1くらいです。)
  • 「レモンがない」場合は、水と砂糖だけで作る時もあります。素朴な甘さの仕上がりになります。
  • 粗熱を取ってから冷蔵庫で冷やして食べても美味しいです。夏場におすすめです。

使用したお料理グッズ

最後までお読み頂きありがとうございました。

-ホットクックレシピ, 煮物
-, ,